これまでの常識を打ち破る
低層住宅エリアで
4階建を実現

[エフィーレ] 高収益賃貸住宅

これまでの常識を打ち破る
低層住宅エリアで
4階建を実現

EFFILE
EFFILE

オーナー様の収益と入居者様の快適性を同時にお届けする為の、低層住宅エリアでの4階建て賃貸住宅。最適な構造とコストの検討、入居者にアピールする外観と居住性の検証を行いながら、法的制限や仕様の標準化をクリア。「EFFILE(エフィーレ)」は4階化による投資効率の最大化を実現します。

高収益を実現する3つの視点

敷地活用力
建物性能
入居者へのアピール力

高収益を実現する6つのポイント

敷地を151%有効活用
敷地を151%
有効活用
85%以上のレンタブル比を確保
85%以上の
レンタブル比を確保
準防火地域で建ぺい率緩和
準防火地域で
建ぺい率緩和
高耐震性の壁式RC構造
高耐震性の
壁式RC構造
柱と梁の無い空間
柱と梁の無い
空間
長期融資が可能
長期融資が
可能

01

敷地を151%有効活用

敷地を151%
有効活用。

同じ敷地における従来型賃貸マンションとナミキ[エフィーレ]の有効面積を比較したものが、右のグラフです。ナミキ[エフィーレ]は、従来型と比較し有効面積が1.51倍に広がります。つまり、延べ床面積が1.51倍になり、それだけ収益に貢献する事となります。

敷地を151%有効活用

02

敷地を151%有効活用

85%以上の
レンタブル比を確保。

レンタブル比とは、延床面積に占める収益部分の面積比率の事です。レンタブル比が大きいと言うことは賃貸部分が大きいということであり、廊下、階段などの共有部分が小さい事を指します。レンタブル比が大きいほど収益性(投資効率)は高くなります。一般的な従来型賃貸マンションのレンタブル比は75~85%ですが、ナミキ[エフィーレ]は85%以上のレンタブル比を実現します。

85%以上のレンタブル比を確保

03

敷地を151%準防火地域で建ぺい率緩和

準防火地域で
建ぺい率緩和。

階数が3以上又は延べ面積が100m2を超える建築物について、耐火建築物であれば10%建ぺい率の緩和措置が、建築基準法の改正により準防火地域でも認められるようになりました。ナミキ[エフィーレ]は標準で耐火建築の基準をクリアしているため、準防火地域でも緩和措置の活用が可能です。そのため、防火・準防火地域での土地活用の可能性が一気に広がりました。

敷地を151%準防火地域で建ぺい率緩和

04

高耐震性の壁式RC構造。

高耐震性の
壁式RC構造。

高層マンションに多いラーメン構造とは、柱や梁で建物を支える構造のことです。
一般的なラーメンRC構造の場合、柱や梁に力が集中しますが、壁式RC構造は天井、床、壁の六面体のモノコック構造で、どこか1点に力が集中する事がなく、面全体で力を受け止める事ができます。そのため、地震における激しい揺れに対しても、高い強度を保つことが可能です。

高耐震性の壁式RC構造。

05

柱と梁の無い空間。

柱と梁の無い空間。

壁式RC構造は、柱や梁が無いため室内空間が広くなります。その結果、開放感のある居住空間を創ることができ、入居者に効果的にアピールする事が可能です。

柱と梁の無い空間。

05

長期融資が可能。

長期融資が可能。

RC構造のナミキ[エフィーレ]は木造や軽量鉄骨構造などに比べ建物の法定耐用年数が47年と長いため、30年近い長期融資も可能です。

長期融資が可能。

入居者ニーズにマッチしたモデルプラン

1LDK

リビングとお部屋が別でプライベート空間も確保しやすいプラン

リビングとお部屋が別でプライベート空間も確保しやすいプラン

1LDK

広々とした居住空間を演出できるプラン

広々とした居住空間を演出できるプラン

1LDK

可変性と開放性を有するプラン

可変性と開放性を有するプラン

1LDK

高い収納力と使いやすいアイランド型キッチンが特徴のプラン

高い収納力と使いやすいアイランド型キッチンが特徴のプラン

Specification
&
Construction仕様・構造

「住んでみたい」と入居者様に思っていただける心地よい空間を創る。ナミキは入居者様の多様化するニーズにお応えするご提案と品質を追求してまいります。

充実した室内仕様

2口ガスコンロ
2口ガスコンロ
モニタ付きインターホン
モニタ付きインターホン
エアコン
エアコン
独立洗面化粧台
独立洗面化粧台
ライティングレール
ライティングレール
浴室(乾燥機付き)
浴室(乾燥機付き)
室内洗濯物置き場
クローゼット
トイレ
トイレ

壁式RC構造

架構形式による変形の違い

柱や梁といった線状の部材で構成するラーメン構造が変形しながら抵抗するのと比べ、壁式構造は床・壁・屋根の6面全体で力を分散して抵抗するので変形や揺れの少ない安定した構造体となります。

お問い合わせ

お問い合わせTEL お問い合わせMAIL